イッツヒーローの金額(料金・費用・価格)は?

\ 最短1分で登録完了! /

社内業務のデジタル化(DX)化で、こんなお悩みありませんか?
・情報共有をもっとスムーズにしたい
・モバイルでも簡単に使いたい
・コストをかけずに導入したい
・今すぐ試したい

そんな社内業務の悩みを「イッツヒーロー」で解決します。
「イッツヒーロー」は、「SNS」と「仕事で必要なグループウェア」等を統合したクラウドプラットフォームです。
この記事では、「イッツヒーロー」のプラン別の金額(費用)や「イッツヒーロー」の具体的な機能についてお伝えします。

■この記事の対象者は
・従業員300名以内の会社経営者及び経営幹部の方
・コスパの良いグループウェアの導入をしたい方
・社内や取引先と円滑な情報共有を行いたい方

料金体系

「イッツヒーロー」のプラン別の料金表はこちらです。

例えば、従業員50名の会社であれば、料金表の赤枠部分のNEOライトプランとなります。
毎月のお支払いは、10,000円となります。
この金額で様々な機能を使用できるので大変お得だと思います。

営業部門では、見積書や発注書など営業業務に必須な機能になります。
総務・人事部門では、契約書の捺印や稟議書などの回覧などの機能を備えています。
経理部門では、納品書や請求書発行や領収書発行などの機能を備えています。

つまり、社内業務全般で使用できるアプリが「イッツヒーロー」です。

登録方法(無料お試し)

無料の会員登録をすることで、実際の「イッツヒーロー」のアプリを体験することができます。
まずは新規登録方法について説明をします。
新規登録方法は下記の画面に沿って、登録をして下さい。

イッツヒーローとは?

イッツヒーローとは、仕事で必要な「SNS」と「ネットショップ」と「電子契約」等のグループウェア機能が統合されたクラウドプラットフォームです。

「SNS」の機能は登録された利用者同士が交流できるWebサイトの会員制サービスのことです。
イッツヒーローのアプリに登録されたもの同士が繋がれる仕組みになっています。

例えば、自社内に法務関連の部署がないような場合に登録されている情報からプロつまりヒーローを検索できるのです。
会いたい人を見つけるだけではなく、見つけてもらえる検索機能もあるのがイッツヒーローの機能の一つです。

「ネットショップ」には能は自社で信販会社と契約してなくてもクレジットカード決済機能を利用することが可能です。
※2022年2月時点で利用できるクレジットカード会社 Visa・MasterCard・American Express・ JCB・Diners Club・Discoverです。

「電子契約」を利用することで、契約プロセスを簡素化することができます。
紙面契約の実印と同等の法的保護が印紙代金不要となります。

電子契約は印紙が不要です

日本の税法上、課税文書の作成は用紙への記載によるものと定義されており、電子契約には印紙税がかからないとされています。
印紙税法第三条において「課税対象となる文書の作成者は、その作成した課税文書につき、印紙税を納める義務がある」と定められています。

イッツヒーローの3つの機能の他社のグループウェアとの違いは?

①専門家検索

プロフィールに書かれた情報からあいまい検索されます。
地域・スキル等から絞り込み可能な条件から地域のヒーローを探してもらえるビジネスモデルです。

イッツヒーローは、SMS認証(携帯番号へショートメール)にて本人を確認しています。
だから実体 があり、入力頂いた個人情報を転売しないことを宣言した安心・安全な空間となっています。

②ネットショップ

会話の中でクレジット決済ができるクラシファイドサービスを採用したネットショップです。
コミュニケーションを取ったうえで購入することが可能で、定番商品ももちろん販売可能です。

自社でクレジット決済の契約がなくてもイッツヒーローを利用すれば利用できます。

③グループウェア

ビジネスで不可欠な以下の機能が標準で使えます。

・帳票発行(見積書・発注書・納品書・請求書・領収証)
・文書管理(議事録や会議資料の保存・検索)
・回覧版に承認(ワークフロー)
・マニュアルやルールの共有(ナレッジ)
・スケジュールの共有・調整
・やること(タスク)の共有
・衝撃プライスの電子契約

グループウェアとは?

グループウェアとは、プロジェクト遂行における組織内でのコミュニケーションを円滑化するシステムのことです。

メッセージのやり取りはメール、スケジュール管理はカレンダーアプリ、そしてデータのやり取りはファイル共有サービス、と様々なシステムを使い分けるよりも、これらの機能が揃ったグループウェアを利用するほうが効率的です。

グループウェアの機能とは?

サービスによって差はありますが、グループウェアには、メンバー間の意思疎通を図り、業務の効率化をサポートする機能が以下のように豊富に搭載されています。

一般的なグループウェアの機能
・メール/メッセージ機能
・スケジュール管理
・チャットや掲示板でのコミュニケーション機能
・ファイル共有機能
・ワークフロー機能 など

グループウェア導入のメリットは?

1.情報やナレッジの共有がスムーズ

グループウェアのメールや掲示板機能を使えば、全社に向けて広報事項を送ったり、業務資料を共有できます。
チームや部署ごとに送信対象を一括で選択できるので、メール送信のように宛先でメンバーを一人ずつ選択するといった手間が省けます。

アラート機能を搭載している製品もあり、メンバーの見落としも防げます。
タイムライン機能を搭載したグループウェアも多くあるため、社員と経営層が双方向のコミュニケーションを取れるという大きなメリットもあります。

2.ペーパレス化で業務連絡を効率化

これまで資料を紙で配布していた企業も、ファイル共有機能を利用することで、メンバーへ確実・スピーディーに共有できます。
また、ペーパーレス化により、印刷の手間やコストの削減にも繋がります。

3.マルチデバイス対応は外出先からもアクセス可能

多くの製品がマルチデバイスに対応している製品であれば、外出先でも必要な情報をリアルタイムで閲覧できます。
在宅勤務されていても情報を共有・コミュニケーションが取れるので、マルチデバイス対応のグループウェアの導入をお勧めします。

4.web会議機能で業務効率化

グループウェアにはweb会議機能があります。
この機能を使えば、離れた場所にいる社員をweb上で集めることができるので、会議を行う場所に行く時間と経費を削減できます。

自分のデスクからも会議に参加できるので、ちょっとしたミーティングなどにも活用できます。
小さな積み重ねではありますが、長期的な目線で見るとかなりの時間を削減できるので、企業、社員の両者にとってメリットをもたらすツールだといえます。

「イッツヒーロー」の主な機能は?

「イッツヒーロー」には現在、以下の機能があります。

・Chat(チャット)
・タスク(やること)
・スケジュール
・文書管理
・電子契約
・ネットショップ
・ナレッジ (ルール・マニュアル)
・ワークフロー (電子回覧板)
・日程調整 帳票

また、今後、以下の機能を拡充予定です。

・Web会議
・人脈の見える化
・広告

「イッツヒーロー」はどんな課題におススメなのか?

1.電子帳簿保存法やインボイス制度に対応できていない
2.会社でグループウェアの仕組みが無いのですべて個人対応
3.クレジット決済ができず集金や振込のみしかない
4.月に10回も使わないのに電子契約だけで毎月1万円以上支払っている
5.常連さんや取引先には自動的にネットで注文してほしい
6.議事録・マニュアル・ルールは誰かに聞かないとわからない
7.アプリがバラバラで業務が煩雑になっている

よくある問い合わせ(FAQ)

Q
アカウント開設ができない
A

もしかして、【Internet Explorer】を利用して会員登録しようとしていませんか?
イッツヒーローで対応しているブラウザは
・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Safari
・Microsoft Edge

※Webブラウザーは各OSでサポートされている最新のバージョンをご利用ください。 

Q
パスワードで使える文字は?
A

パスワードに関して使用できる文字は以下になります。
8文字以上30文字以下で、半角英数字と記号(数字だけは×)
特に記号の制限はなく記号でも使用可能です。

Q
会員登録時のSMS(ショートメール)が届かない
A

携帯にSMS(ショートメール)が届かない場合は、音声通知をお試しください。
SMS認証(音声通知で受け取る)
会員登録で登録した電話番号にSMSが届かなかった場合は、「音声通知で受け取る」をクリックします。
非通知での電話がかかってきますので、音声ガイダンスで流れた認証コードを入力してください。

Q
NEOとは? RIOとは?イッツヒーローとは?
A

イッツヒーローには、RIO(個人)とNEO(組織)の2種類のアカウント種別があり、現実社会で言うと法人のような存在がNEOにあたります。

※用語解説
イッツヒーローとは【アプリの名前】です。
NEOとは【組織アカウント】のことです。
※現実社会と同じように1人でもNEOを利用することも可能です。
※組織とは法人だけではなく、団体や組合、個人が複数人集まったグループの総称です。
※RIOは複数のNEOに参加することが可能です。(最大 20 NEO(組織)まで)
 RIOとは【個人アカウント】のことです。
※同じメールアドレスや携帯電話番号では重複登録はできません。一人1アカウントとなります。
※メールアドレスと携帯電話番号があれば誰でも登録可能です。年齢・性別・国籍などの縛りはありません。

Q
所属できるNEOの数を教えてください
A

一人のRIOが【作成】及び【所属】できるNEOの数は、最大 20 NEO(組織)までとなります。

Q
大規模組織による料金プランと支払方法について
A

中小企業のDX推進と地域活性化を願っているイッツヒーローは、組織規模が大きい協同組合や組織にリーダーシップを発揮していただくことを条件に【特別プラン】をご用意いたします。

Q
NEOとは?
A

NEOとは、RIO(個人アカウント)を作った後に作成できる【組織アカウント】のことです。

ビジネスSNSイッツヒーローの中には、
NEO(組織アカウント)
RIO(個人アカウント)

の大きく2種類が存在しており、切り替えが容易にできることが特徴です。

Q
NEOは必ず必要?
A

NEOは必ず作らなくても大丈夫です。
NEO(組織アカウント)は複数人が集まってものごとを進めるための仕組みなので、RIO(個人アカウント)を作った後に必ず作らなければならないものではありません。

複数人でグループを組みたい場合にNEO(組織アカウント)を作成してお使いください。

Q
NEO(組織アカウント)が作れない
A

RIO(個人アカウント)を作らずにNEO(組織アカウント)を作ることはできません。
NEO(組織アカウント)はRIO(個人アカウント)を作ってから作成可能になります。

この記事のまとめ

・毎月の料金は、従業員の人数などに応じて決定します。(料金表参照)
・特徴的な機能は、「専門家検索」「ネットショップ」「グループウェア」です。
・イッツヒーローに実際に新規登録して、お試しする事ができます。
 今すぐ、無料登録をしましょう!

mame-roll2をフォローする
イッツヒーローの金額(料金・費用・価格)は?